ハメ撮り・同人AV

ハメ撮りに必要な照明機材・ライトを紹介【売れるAVを作るのに必須】

売れるAVを作るために必要なものは「明かり」です。

この記事では、ハメ撮りをする際に必要な照明機材やライトについて解説していきます。

ここを適当にするとせっかくハメ撮りを販売しても全然売れずに赤字になってしまうので気をつけて下さい。

ハメ撮りに必要なものは照明・ライト

ハメ撮りをきれいに撮影するのに「照明」は欠かせません。

まずは、ハメ撮りする際に利用する3つの照明・ライトについて解説します。

・自然光(太陽)
・スタンド照明
・マクロリングライト

よく利用するのは上記の3つです。

自然光(太陽)

理想は大きな窓から差し込む自然の光です。

どんな照明よりもキレイに撮影できます。なにより簡単です。ラブホテルに入ったらまずは窓を確認して、自然光を取り込めるか確認しましょう。

しかしラブホテルはそもそも窓が小さかったり、日当たりが悪いなど自然光が良いように入ってこない所が多いです。

そのため照明機材・ライトを準備する必要があります。

スタンド照明

スタンド型の大きなライトです。

カメラマンのポートレート撮影(人物撮影)によく使われます。照明にも種類があって「リングライト」「ストロボ」などがあります。

ライトの当て方も様々で、人物に直接光をあてる方法や、天井や壁に反射させてあてる方法。傘のようなものにあてて反射させるなどがあります。

スタンド照明はかさばってしまいますが、暗いホテルでの撮影では大活躍するのでぜひ用意しておきたいところです。

ストロボはライティングの技術が難しいため初心者はリングライトがおすすめです。

マクロリングライト

小さいリングライトです。

主にカメラのレンズ付近に装着して使います。

ハメ撮りとの相性は抜群で、女優がキレイに写ります。

更にリングライトの特徴ですが、まんべんなく光をあてれるため難しいライティングの技術がなくても大丈夫です。

更に更にリングライトは丸い円状のライトになっているため、アイキャッチと呼ばれる女優の瞳に円状のライトが写り目がキラキラに見えます。

これは女優の可愛さがアップするのでぜひ活用したい技です。技といってもカメラにリングライトを取り付けるだけでOKです。

暗い場所で撮影した作品と、照明・ライトを用意して撮影した作品とでは見やすさが全然違います。

もちろん見やすくてよく売れるのは後者の照明を用意した方です。ホテルは暗くなってしまいがちなので、照明は必ず用意しましょう。

次におすすめの照明機材・ライトを紹介します。

ハメ撮りにおすすめの照明機材・ライト

ハメ撮りをする際におすすめの照明機材やライトを紹介します。

基本的におすすめは初心者でも扱いやすいリングライトです。

大きいリングライトならこれ一択

Neewer 20インチLEDリングライトキット

スタンド型の照明で一番おすすめです。三脚つきで自立できるライト。

大きいものから小さいものまでありますが、この商品ぐらいの大きいものを1つは用意しておくことをおすすめしています。加えて小さいライトを複数持ち歩くと良いでしょう。

ホテルで自然光が全然入らなかったときのことを考えて20インチと大型のリングライトは1つは用意しておきたいところです。

光量もしっかりあるので安心。ハメ撮り撮影者には嬉しいことに持ち運び用の袋も付いているのでその点も扱いやすいです。

とりあえず持っておきたい1台です。

マクロリングライトでカメラに装着

リングフラッシュPloture

カメラに装着するタイプならこれが良さそうです。私が購入したものはアマゾンから消えてましたので代替えです。

女の子を撮影するなら手軽にキレイに撮れるリングライト一択です。

先程紹介した大型のリングライトと合わせて使うことで、アイキャッチ(女優の瞳に映るキラキラ)が2個になり少女漫画のようなキラキラした瞳になります。

また、影ができにくいのでカメラに装着するライトは必須といえます。

リングライトではないですが、NEEWER CN-160も定番です。

小さいスタンド照明

LEDリングライト

このように小さい卓上タイプのリングライトが何個かあると撮影がより捗ります。

ラブホテルには小さい物を置けるスペースは意外と多くあるので、色んな所に設置して部屋全体を明るくできます。

フレキシブルだとより設置の幅が広がるのでおすすめです。人気撮影者もこのような小型のリングライトをベッドの周りにたくさん置いて撮影していました。

ハメ撮りをするなら照明機材・ライトは必須

ハメ撮りを行って稼ぎたいなら照明にこだわりましょう。そのため照明機材・ライトの購入は優先順位が高めです。

良いカメラを買うよりも先にライトを揃えたほうが良いと思います。

ラブホテルって本当に暗いところが多いです。暗いと撮影しても見にくいため全然売れないなんてことが起こります。

あまり安いものを買うとすぐに壊れたり、いざ撮影で使えなかったりするので気をつけてください。

照明を準備して、ハメ撮りで稼いでいきましょう!

-ハメ撮り・同人AV

© 2021 エロで1億稼ぐ条件 Powered by AFFINGER5