ハメ撮り・同人AV

彼女やセフレとハメ撮りをする方法を全解説【この手順通りやればOK】

ハメ撮りしたいあなたに「彼女やセフレ」とハメ撮りする手順を解説したいと思います。

この記事で紹介する手順で彼女やセフレにアタックするとビックリするぐらいハメ撮りさせてくれるようになります。

しかも、顔まで写させてもらえて中出しフィニッシュまで撮影できるようになったとの声を多くいただいてる方法です。

ハメ撮りはめちゃくちゃ興奮するし、後で見返してもエロいのでぜひ一度試してみてほしいです。

当サイトではハメ撮りした動画を販売してお金を稼ぐ方法も解説しています。セックスでお金を稼ぎたい方は読んでみて下さい。

彼女やセフレとハメ撮りをする方法

彼女やセフレとハメ撮りをする方法を解説します。ここでは顔まで撮影して中出し(射精)を最終目標とします。

この記事では以下のポイントでハメ撮りをする方法を解説します。

  • ハメ撮りの理由を上手に伝える
  • ハメ撮りは安全だと伝えておく
  • ハメ撮りをお願いする全手順
  • ハメ撮りに必要なものを用意

順番に解説します。

ハメ撮りの理由を上手に伝える

ハメ撮りを彼女やセフレにお願いする時に、理由をしっかり説明しないといけません。

いきなりハメ撮りさせてと言ったらドン引きされたり、あなたの前から姿を消すかもしれません。せっかくのセフレがもったいないですよね。

なんでハメ撮りしたいのかを丁寧に伝えておくことでその後がスムーズになります。

私がよく使う理由を3つお伝えします。

あとで見返して興奮するため

言葉にすると気持ち悪いかもですが、あとで撮影した動画を見たいんだと伝えます。

AVを見るよりもこっちの方が思い出せて幸せなんだといった感じでふんわり伝えるのがポイントです。

あとでこれを見てオナニーするんだとストレートに言うと引かれる可能性が高いので気をつけましょう。

兎に角、自分が見返したいことを伝えましょう。彼女なら意外とOKしてくれます。AV見られるよりは自分との性行為で興奮してくれる方が良いみたいです。

撮りながらだと興奮する

プレイの一環として提案する方法です。ハメ撮りというプレイを楽しもうと言って撮影するわけです。

彼女やセフレも意外にノリノリになって自らカメラを持ってくれたり、逆に恥じらいながら撮影できたりと良い動画が撮れるのもポイントです。

特にちょっとMっぽい女の子に「撮られて興奮してるの?」的な感じでイジメてあげるのが個人的には好きです。

撮影の練習をしたくて

彼女には言えませんが、セフレには状況を見て使います。

私はハメ撮りを販売してお金を稼いでいるので、できればただのセフレではなく女優としてもお付き合いしたいのです。

相手を見て言わないといけませんが、興味を持ってくれた場合はその子と販売用動画の撮影ができることがあります。

「練習ってどういうこと?」→「仕事で簡単なAVの撮影をやっている」→「そんなのあるの?」→「女優さんにお金を渡してやってるんだ」

こんな感じで話を持っていって撮影に漕ぎ着けることもあります。

とはいえ、ハメ撮りを楽しみたいなら「後で見返したい」が言いやすいかと思います。

ハメ撮りは安全だと伝える

ハメ撮りを提案した時に女の子が最も気にするのが動画の流出です。

女の子に動画が流出する心配は絶対にないということを伝えておかないといけません。

方法としては、撮影して見たら消すと言ったり。顔とか映さないから絶対に特定されない。などと言って安心してもらいましょう。

消していいの?と思うかもしれませんが、まずは撮影することが大切です。

ハメ撮りをお願いする手順

まず、理解しておきたいのは彼女やセフレにいきなりハメ撮りさせてと言わないようにしましょう。

ハメ撮りをお願いする時は段階を踏んで行おう

  1. 手だけなどの撮影
  2. 手と脚を写して撮影
  3. 首から下を写して撮影
  4. 顔は隠しながら撮影
  5. 顔を出して撮影

これぐらい細かくお願いをしていきます。少しずつ写す範囲を広げていきます。人間は慣れる生き物なのです。

いきなり顔を写すとなると拒否していた女性も、一度ハメ撮りを経験してからだとハメ撮りさせてくれるようになるのです。

ちなみに、これはグラビアアイドルがAVに出演する際にも使われる手法です。最初は軽い写真撮影だったのが、段々と露出が激しくなり、最後は裸になるのです。

ハメ撮りに必要なものを用意する

ハメ撮りに必要なものを解説します。ここではあくまで彼女やセフレとハメ撮りを楽しんだり、後で自分で見返すためのハメ撮りです。

結論から言うと「スマホ」でOKです

スマホでも十分キレイに撮影できるので、個人で楽しみたいならスマホで十分です。

しかも、趣味で彼女やセフレとハメ撮りする際にビデオカメラなんて用意したら引かれてしまいます。

※ハメ撮りした動画を販売したい場合はビデオカメラや照明など用意すべきものは増えます。

自撮り棒があればもっと良い

スマホを取り付けれる自撮り棒(セルカ棒)があると更に撮影を楽しむことができます。

例えばセフレとバックでやっている時に、自撮り棒があれば女の子の顔側からバッチシ撮影することができます。

かなりエロい動画になりますし、女の子も恥ずかしって良い表情をしてくれます。

自撮り棒ぐらいであれば全然引かれませんので、ぜひやってみて下さい。

ハメ撮りを彼女やセフレとする方法は簡単

ハメ撮りを彼女やセフレとする方法について解説しました。意外と簡単にハメ撮りはできます。

ハメ撮りをしている最中も楽しいですし、後でその動画を見返してもかなりエロいです。最中を思い出すのでAVよりも良いという人が多いんです。

ハメ撮りに慣れてもらうために、少しずつ要求を大きくしていくことや、ハメ撮りする理由を伝えた上で、楽しんでみて下さい。

また、ハメ撮りを販売することでお金を稼ぐことができます。私はハメ撮り販売で月収100万円を越えたので会社員を辞めてハメ撮り販売者として生活しています。

ハメ撮り販売の同人AVと呼ばれる稼ぎ方について当サイトで解説しているので読んでみて下さい。

 

-ハメ撮り・同人AV

© 2021 エロで1億稼ぐ条件 Powered by AFFINGER5