ハメ撮り・同人AV

ハメ撮りのやり方と方法【ハメ撮り販売で100万円稼ぐ私が解説】

ハメ撮りのやり方や方法について解説していきます。

僕の実績

ハメ撮りを行うには、以下のステップが必要です。

  • 機材の準備
  • ハメ撮りOKな女性を探す
  • 正しい方法で撮影する

正しい方法で撮影というのは、売れる作品にするための撮影方法です。

ハメ撮りをする目的にもよりますが、この記事ではハメ撮りした動画を販売して稼ぎたい人に向けて書いています。

ハメ撮りした動画を後で見返しておかずにするのではなく、個人撮影AVで稼ぎたい人は読んでみてください。

ハメ撮りのやり方

ハメ撮りのやり方です。ここでは大きく3つに分けて解説していきます。

  • 機材の準備
  • 女優を探す

ハメ撮りのカメラを準備

ハメ撮りするなら絶対にカメラが必要です。スマホで十分とか、スマホの画質のほうがリアルで良いと言う人もいますが、そんなことはありません。

ハメ撮りを販売して稼ぎたいならスマホじゃないカメラは必須です。スマホは個人で楽しむ趣味のハメ撮りなら問題ないです。色んなカメラがありますが、ハメ撮りなら「ビデオカメラ」一択です。

ハメ撮りのおすすめのビデオカメラについてはこちらの記事でまとめています。

ハメ撮りにおすすめのビデオカメラ【ハメ撮り販売で月収100万越え】

続きを見る

カメラ以外に必要な機材を準備

カメラがあれば撮影はできますが、他にもあったほうが良いものがあります。

  • カメラを持ちやすくするグリップ
  • 女優を可愛く撮影するための照明
  • カメラを設置するための三脚
  • 撮影の幅を広げるアダルトグッズ

ビデオカメラグリップ

ビデオカメラって持つ位置を変えた途端に持ちにくくなるんです。決まった角度でしか撮影ができません。運動会で子供の撮影をするには問題ないですが、ハメ撮りだと大問題です。

そこで登場するのがビデオカメラグリップです。ハンドルとか、スタビライザーって言われたりします。

カメラを色んな持ち方で扱えるようになるので、撮影がしやすくなります。ハメ撮り販売で1作品で100万円とか売り上げている人も使っているのでおすすめです。

照明機材

照明は必須です。ハメ撮りはラブホテルで行うことが多いです。ラブホテルは暗いところが多いですよね。

太陽の自然光が入るところも少ないですし、備え付けの照明は雰囲気のためうすぐらい。そのため照明は自前で用意しておくと安心です。

暗いところで撮影すると、動画が見えづらくなってしまい全然売れない作品になってしまいます。

ハメ撮りするカメラと同じぐらい、照明は大切です。おすすめの照明機材についてはこちらで解説しています。

ハメ撮りに必要な照明機材・ライトを紹介【売れるAVを作るのに必須】

続きを見る

三脚

カメラを設置するための三脚です。

ハメ撮りは基本カメラを手持ちで撮影を行います。手持ちのカメラにプラスして、複数のサブカメラを用意すると更に良いです。

そしてサブで用意したカメラは三脚を用いて、ベッドの周辺に設置します。複数のカメラがあることで作品の幅が広がりエロい動画を作ることができます。

例えばベッドの枕近くの台に置いておいて、女優の顔を撮影したり。ベッドの横に置いて横アングルからの撮影を行うなどです。

ハメ撮り販売で稼いでいる人は、複数のカメラを用意しているのが当たり前なので余裕ができたら用意しておきたいですね。

アダルトグッズ(大人のおもちゃ)

アダルトグッズがあると撮影の幅が広がり、良いAVを撮ることができます。

よく使うのは電マとか、ローターです。

ローターで攻められて感じている女性のシーンはとても人気で、かなりエロいんですね。

しかも、男優役を自分でする場合は、楽というメリットもついてきます。やっぱり自分の体を動かさなくて良いので楽ちんです。

アダルトグッズでの攻めのシーンを適度に取り入れて、よりエロい作品にしつつ自分も休めてしまいます。

アダルトグッズはもはや必需品かもしれません。女優によっては、衛生面を気にして嫌だという人もいるので、事前に使用していいか確認しておくと良いでしょう。

女優を探す

ハメ撮りに必要な機材の準備が整ったら、次は女優を探さないといけません。ハメ撮りさせてくれる女性ですね。

方法としてはいくつかあります。

  • セフレにお願いする
  • 彼女や奥さんにお願いする
  • 出会い系サイトを使って探す
  • Twitterを使って探す
  • 風俗嬢にお願いする

順番に解説です。

セフレにお願いする

既にセフレがいるならお願いするのも悪くないです。

セフレがあなたに夢中で、あなたの言うことを割と何でも聞くならすぐに撮影できるでしょう。あなたの言うことを聞かないと関係がなくなってしまうのが怖いと思っている女性のことです。

そうでない場合は、お金を渡すのが手っ取り早いです。セックス自体は慣れているでしょうし、あなたとの関係性も築けているのがセフレなので難易度は高くありません。

彼女や奥さんにお願いする

彼女や奥さんにお願いするという方法もあります。しかし、トラブルになることが多いのであまりおすすめはしません。

ここでトラブルになると、他の方法でハメ撮りしようにも怪しまれて自由に動けなくなるなどの可能性があるので、辞めておいた方が良いでしょう。

出会い系サイトを使って探す

出会い系サイトを使ってハメ撮りOKな女性を探すのは定番です。この方法だけで月に1~4人ぐらいの女性とハメ撮りできています。

出会い系サイトは使うサイトにもよりますが、セックスに対するハードルが低い子がほとんどです。

パパ活希望の女の子も多いので、そういった子にお金を渡せば割とOKしてくれます。

ちゃんとした出会い系サイトを利用して、手順を踏んで女の子にお願いすれば高確率でハメ撮りできるのでとてもおすすめ。

出会い系サイトの使い方やおすすめはこちらで解説しています。

出会い系サイトでハメ撮りできる女性や同人AVの女優を探す方法を解説

続きを見る

Twitterを使って探す

Twitterを使って探すこともできます。こちらも出会い系サイトと同様に定番です。

Twitterでハメ撮りOKな女の子が来るの?と思うかもしれませんが、実に多くの女性から連絡がきます。

そもそもハメ撮りした作品を販売することを知っていてモデルとして活動している女の子や、報酬がほしくて応募してくる子がいます。

#同人AV と検索するとたくさん出てくるので見てみて下さい。

風俗嬢にお願いする

風俗嬢にお願いする方法です。Twitterで探すで紹介した「販売することを知った上で連絡をくれるモデル」さんの半分以上は、風俗嬢であることが多いです。

そのため、風俗嬢はセックスでお金を稼ぐことに抵抗が少ないわけですから、こちらから誘うのもありです。

現に私は風俗嬢を直接スカウトしてハメ撮りを何度も行っています。スカウトするのに通うのでお金がかかるのがデメリットですね。

ハメ撮りのやり方はとても簡単

ハメ撮りといっても以外と簡単にできてしまいます。

とはいえ、ビデオカメラや機材など揃えるのは少し大変です。まだ本格的にハメ撮り販売を始めるか悩んでいる方にとっては出費も気になります。

そんな時は、まずは自分のスマートフォンで撮影してみる。あるいは、ビデオカメラはレンタルがあるので、レンタルして撮影してみるのがおすすめです。

他にも当サイトでハメ撮りで稼ぐ方法を公開しています。興味がある方はぜひ他の記事も読んでみて下さい。

-ハメ撮り・同人AV

© 2021 エロで1億稼ぐ条件 Powered by AFFINGER5